京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨天で影響みえにくく 府北部の観光地 舞鶴道無料化、初の週末

京都新聞(7月4日付)

---
マイカー客 雨で肩透かし 高速道無料化、初の週末 府北部の観光地

高速道路の無料化実験開始から初の週末となった3日、府北部では京阪神方面からの団体客でにぎわう観光地があった一方、日中降り続いた雨の影響もあってかマイカー利用の行楽客は期待されたほど伸びず、やや肩透かしを食った形となった。


通常の土曜並み

無料化区間となった舞鶴若狭自動車道(吉川-小浜西)の東西2つのインターチェンジがある舞鶴市では、アジサイ園を4日まで有料公開中の舞鶴自然文化園(同市多祢寺)に観光バス10台が到着し、駐車場には他府県ナンバーの車も目立った。道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(同市下福井)は雨天ながら通常の土曜並みの人出があったという。

一方、北吸岸壁を発着する港内めぐり遊覧船は、午前11時半発の乗客が5人と、週末としてはやや少なめだった。兵庫県加古川市からマイカーで訪れた20代の女性会社員は「山陽道分の750円だけで日本海まで来て、多くの船が見られるのは値打ちがある。明日は海上保安学校を見学したい」と話していた。


影響見えにくく

宮津市の天橋立周辺は、雨で全体の人出は少なめながら、バスで訪れた団体客が松並木や土産店街を散策する姿が目立った。

無料の舞鶴若狭道から有料の京都縦貫自動車道・綾部宮津道路に乗り換えて来るマイカー客の動向が注目されていたが、北側の府中地区の観光船乗り場や駐車場の係員は「雨でいつもより少なく、影響が見えにくい」と苦笑い。南側の文殊地区の駐車場は実験開始から平日の利用が4割ほど増えており、「晴れればかなりの人出になるんじゃないか」と期待を寄せた。

伊根景観が一望できる伊根町の道の駅「舟屋の里公園」も先月増設した駐車場に団体バスを迎えたが一般客は少なめで、「無料化の影響は良くも悪くも見えない」とした。


北陸ナンバーも

無料化路線の中間地域の福知山市では、アジサイの名所の観音寺(同市観音寺)に昨年より7割以上多い400人が訪れた。団体バスに加え、京阪神や北陸からの乗用車も目立ち、小藪実英住職は「遠方からが増え、無料化の影響は大きい」と話す。兵庫県宝塚市の大学生は「アジサイを見に来た。無料区間とは知らなかったので、安く遠出ができて得した気分」と笑顔を見せていた。

福知山城(同市内記)も雨天ながら例年より2割ほど多い来館があり、足立惠次郎館長は「京阪神から来る人が増えている」と話す。

---

雨天で影響が見えにくかったにせよ、好調な人出となった観光地が多かったようで、まずは一安心ですね。私も何度か舞鶴道を利用してみましたが、無料化前に比べ目に見えて利用車が多かったです。特に対向車を見ていると大阪や神戸、また北陸地方など他府県ナンバーが目立ち、交流人口の増加は確実に増えているようでした。

無料化により京阪神や北陸地方からの来客が見込める反面、2014年、あと4年後には舞鶴道も敦賀まで延伸されることから「通過されるだけの街」にならないためにも、今が正念場です。今から魅力ある地域づくりが求められていると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/87-d1d7b02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。