京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元に期待と不安 舞鶴道と丹波道、28日から無料化

毎日新聞(6月16日付)舞鶴支局版

---
地元に期待と不安 28日から無料化 丹波道路と舞鶴若狭道

舞鶴若狭自動車道(吉川-小浜西)と京都丹波道路(水掛-丹波)が28日から来年3月末まで社会実験で無料化されることが15日、決まった。府北部の人、モノの流れに大きな影響を与える可能性がある。地元では期待と不安の声が交錯した。

新鮮な魚介類を求めて年間約90万人が訪れる「舞鶴港とれとれセンター」(舞鶴市下福井)の藤元達雄理事長(62)は「夏休みシーズンは1年で最もお客様が多い。無料化で例年以上のお客様が期待できる」と喜ぶ。

一方、地元の商店街などでは、市民が大型ショッピングモールなど、地元外に買い物に行くようになるのではと不安を募らせる。舞鶴商工会議所の瀬川甫専務理事は「ここは知恵と工夫を凝らして新たなお客を呼び込むチャンスととらえて取り組むことが必要」と話す。

宮津市の天橋立近くで展望遊園地などを経営する天橋立観光協会の山本大八朗副会長(61)は「秋、冬はグルメ、温泉などをアピールできるものがあり、地元の期待感は高い。しかし、これからの海水浴シーズンは、丹後を通り越し、観光客が若狭方面に流れないか大変心配している。サービスを向上させて、対応していきたい」と話している。

---

ストロー現象を懸念する声も聞こえますが、舞鶴道の無料化は観光客誘致という観点から見ると、非常に大きな好材料になると思います。高速道無料化を期に、府北部観光の起爆剤となってもらいたいです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/76-5563c746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。