京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴道無料化は28日スタート 高速無料化で国土交通省

産経新聞(6月7日付)

---
高速無料化の社会実験 28日スタートへ

国土交通省は7日、高速道路無料化の社会実験を28日から全国37路線50区間で実施する方針を固めた。期間は来年3月末まで。当初、普通車を上限2,000円とする新料金制度と同時に行う予定だったが、国会審議の遅れで新料金制度への移行にめどが立っていないことから、無料化の社会実験のみを先行的に実施する。

無料化の対象は、舞鶴若狭自動車道小浜西-吉川ジャンクション(112キロ)、京都丹波道路丹波-沓掛(31キロ)など首都高速道路や阪神高速道路を除く全国の高速道路約1,626キロ。自動料金収受システム(ETC)の搭載や大型・普通の車種にかかわらず、すべての車が対象になる。

無料化の社会実験に充てる今年度の事業費は1,000億円。国交省は当初、6,000億円を要求していたが、財政難から規模が縮小された。民主党はマニフェスト(政権公約)に原則無料化を掲げており、渋滞の状況や環境への影響などを今回の社会実験で検証した上で、段階的な実施を目指す。

---

京都府北部地域に大きな影響を及ぼす舞鶴若狭自動車道、京都縦貫道・京都丹波道路の無料化が今月28日からスタートすることがほぼ確定しました。舞鶴道・縦貫道の無料化により物流コストの削減や京阪神地方からの観光客誘致に大きな期待がかかる一方、鉄道やバスなど公共交通機関への影響も懸念されます。

個人的には北部地域にとってまたとない好機だと考えています。というのも北部に立地する企業の多くは物流コストが重荷となっており、企業誘致や産業育成が進まない一因と指摘されています。無料化を期に北部地域が見直され、また地企業が活性化されることが期待されます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/74-24dcbc46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。