京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都舞鶴港 07年の目標未達 計画見直しへ

京都新聞(5月25日付)

---
特定重要港湾、目標達成は3港のみ 舞鶴港 計画見直しへ

国土交通省は25日、海上輸送の拠点となる重要港湾と国際海運の拠点となる特定重要港湾の計126港について、貨物取扱量の目標値と2007年の実績値を公表した。目標年次を迎えた36港のうち目標を達成したのは3港だけ。京都の舞鶴港は目標の半分しかなく、甘い需要予測で港湾を整備したことが浮き彫りになった。

目標年次を迎えた港湾の取扱目標の達成率は高い順に三河港(愛知、105.5%)、橘港(徳島、101.1%)、川内港(鹿児島、100.2%)。最低はむつ小川原港(青森)で目標の1%しかなかった。今後目標年次を迎える港湾も含めた場合は、平良港(沖縄、187.3%)、尾鷲港(三重、158.4%)など全体の12.7%の16港のみが目標を上回った。

前原誠司国交相は会見で「需要予測と実態はかなり乖離(かいり)している」と指摘。舞鶴港を含む重要港湾103港から、今夏にも約40の「重点港湾」を絞り込み、予算を重点的に投入する考えを示した。

舞鶴港は目標達成率が48.7%と36港で19番目。全126港では101番目の低さだった。京都府が1996年に計画を策定し、05年には1,940万トンを扱う目標を掲げたが、07年の実績は944万トン、09年でも760万トン。466億円かけて整備した舞鶴国際ふ頭の供用開始が今年4月にずれ込んだことが影響したという。

国交省は目標達成度が低い港湾には今後、計画の見直しを迫る考え。府港湾課は「企業への売り込みで舞鶴国際ふ頭の利用を増やし、港湾計画も経済情勢に応じた内容に見直す」としている。

---

舞鶴港の目標値は、元々「関西圏の日本海側の玄関港」をめざして高い目標値を付けており、達成率では低い数字になりました。この数値をもって重点港湾が決められるわけでもないので一喜一憂すべきではありませんが、それでも目標未達は反省するべきです。

そもそも舞鶴港の貨物取扱量は日本海側では新潟、敦賀に次いで3番目に多さであり、中国大陸や朝鮮半島、近畿経済圏の近さなどから、今後伸びる可能性が指摘されつつ、そのポテンシャルの高さを生かしきれていません。今こそ舞鶴港の最大活用のためにも、背後圏への企業誘致、産業集積を行うべきであり、新たな工業団地の造成等の施策が求められるように感じています。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/67-5a1480a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。