FC2ブログ

京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬

京都新聞(6月25日付)

---
大阪に本社移転 福知山創業の天藤製薬

京都府福知山市で創業し、痔の薬「ボラギノール」で知られる天藤製薬(同市篠尾)が、7月に本社を大阪府豊中市の大阪本社に移転することが25日までに分かった。福知山と大阪の2カ所に分散していた本社機能を集約し、業務の効率化を目指す。

同社は江戸時代後期、福知山市内で雑貨商として創業。1921(大正10)年に天藤薬化学研究所を設立し、50年に株式会社化した。福知山本社と福知山工場(同市長田野町)を拠点に医薬品の製造販売を行っており、今年3月末現在の従業員数は164人。

数年前から、業務の効率化や職場環境の整備を目的に、大阪本社への業務移転を実施。7月1日付で、福知山本社に残していた情報システム関連や一部の人事業務の移行が完了し、同2日から大阪本社で業務を開始する。

移転後の本社社屋の活用法は未定。福知山工場は、3月に竣工した三田工場(兵庫県三田市)とともに、製造拠点として引き続き稼働する。

同社は「移転後も変わることなく、創業の地で育んだ精神を引き継ぎ、事業を広げていきたい」としている。
---

同社にとって大阪への本社移転によりブランドイメージの向上や新卒採用の面で有利に働くことが期待されますが、福知山に本社を置く企業として有名だった同社の移転は福知山市民にとって非常に残念ですね。福知山工場は引き続き稼働するようですが、本社移転に伴って税収面でも福知山市にとっては痛手であり、今後、地元企業の育成し全国に羽ばたく企業を支援する取り組みも必要となってくると思います。
スポンサーサイト

コメント

信用金庫の合併による本店移転や工場閉鎖、天藤製薬のような企業の本社移転と福知山の地盤低下は著しいです。なんとか起死回生の策はないものでしょうか。

  • 2018/07/28(土) 08:51:29 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/577-c3aa9a1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad