京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型特急はえんじ色 JR西日本 来年春より投入

毎日新聞(4月6日)舞鶴支局版

---
新型特急にえんじ色ライン JR西日本 来年春から

JR西日本(本社:大阪市)は5日、来年3月から山陰本線などに投入する新型特急のデザインを発表した。先頭車両は北陸本線を走る新型「サンダーバード」など同社の特急のデザインを踏襲しているが、外観の窓の下などには北近畿を走る車両でなじみのあるえんじ色のラインが施されている。

山陰本線の特急に新型車両が投入されるのは「まつかぜ」以来で50年ぶり。新型は現行の「きのさき」「北近畿」などの後継車両(287系直通電車)になり、バリアフリー対応で車椅子で入れるトイレを儲けたほか、急病の手当や授乳時に利用できる多目的室を設置。自由席などのシートも60ミリ広げて現行よりゆったりと座れる。

走行路線は大阪・京都-城崎温泉・天橋立・東舞鶴など、46両(4両編成7本、3両編成6本)が投入される。

---

4月6日付のフジサンケイ・ビジネスアイ電子版によると、JR西日本は一部赤字ローカル線のバス転換、廃線を沿線自治体などに打診しているとのこと。府北部の鉄道はまず廃止はないと思いますが、高速道路無料化や沿線人口の減少などにより経営は厳しくなっており、新型車両導入により鉄道等の公共交通機関の活性化が望まれます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/56-28f443dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。