京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴国際ふ頭 本格スタート 京都舞鶴港

京都新聞(4月6日付)

---
初の外国貨物船が着岸 舞鶴国際ふ頭、本格スタート

4月から供用開始した舞鶴国際ふ頭(京都府舞鶴市下安久)に5日、初めて外国の貨物船が着岸した。港湾関係者が集まり、船長に花束を贈るなどして新ふ頭の本格的なスタートを祝った。

到着第1便はロシア・ナホトカ港との定期便「リトルベア号」(キプロス船籍、4,732トン)で、建築用製材など約1,500トンを積み、午前7時半ごろ入港した。このうち240トンが真新しい岸壁に下ろされ、作業員たちが荷さばきに追われた。

この後、京都舞鶴港振興会理事長を務める斎藤彰舞鶴市長が、同船のニコライ・コバル船長に花束を手渡して「港のハード面とあわせて、ソフト面も充実していきたい」とあいさつし、利用拡大への期待を述べた。
 
新ふ頭にはナホトカからの定期便(月2便)に加え、中国・大連(週1便)と韓国・釜山(同)のコンテナ船が着岸する。

---

コンテナ船のみの利用になると思いきや、ロシア航路も就航するのですね。府北部経済圏の起爆剤として大きな期待がかかる新ふ頭、ぜひ物流拠点として有効活用してもらいたいものです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/55-c7151d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。