京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴で本会議開催へ 京都府議会 京都市外では初

京都新聞(7月16日付)

---
京都府議会、舞鶴で本会議開催へ 京都市外では史上初 9月

京都府議会は15日、9月定例会の代表質問(9月14日、15日)を舞鶴市内で開くと発表した。大規模災害で議会棟が被災した場合を想定した訓練と、普段は足を運びにくい北部住民に議論を聞いてもらう狙い。議場以外で本会議が開かれるのは1905(明治38)年11月、現在の府庁旧本館(京都市上京区)内に議場が設置されて以降、初めて。

同日、植田喜裕議長が定例会見で明らかにした。

府議会は1879年に開設され、現在の府庁の場所にあった京都中学校(現洛北高)正堂で開いていた。その後、議場の建設計画が何度も頓挫し、議場設置まで相国寺や建仁寺の境内を間借りしていた、という。議会事務局によると、京都市外で本会議を開催するのは府会史上初という。

宮城県議会は東日本大震災時、議場が一部損壊して「青空議会」を余儀なくされた。熊本地震でも庁舎損壊時の機能確保が課題となっている。

府議会では災害時の議会運営に支障が出ないよう、昨年から協議を始め、同日の議会運営委員会で北部開催を決めた。府幹部の多くが府庁を不在にすると緊急対応に支障が出るため、今後、府と府議会で出席者を何人に絞るか、調整する。

植田議長は「今後は4年間の議員任期中に2回程度、議場以外で開催するよう検討したい」と話した。

議会は舞鶴市総合文化会館大ホールで14日は午後1時~5時、15日は午前10時~午後3時。当日参加も可能だが、予約もできる。
---

府北部の住民にとって京都府議会は遠く、中々傍聴できるものではありませんでした。今回のような取り組みによって北部住民にとって京都府政がより身近になれば良いですし、また府会議員や府職員が北部を訪れることで、人口減少や少子高齢化など府北部の抱える諸課題に接してもらえるようになれば、今後の府政に活かせるようになるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/11/01(火) 00:00:35 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/538-0601457c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。