京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「森・海の京都」推進に重点 京都府予算案の北部事業

京都新聞(2月11日付)

---
「森・海の京都」推進に重点 京都府予算案の北部事業

京都府は10日、2016年度当初予算案を発表した。観光振興キャンペーン「森の京都」や「海の京都」の事業を中丹、丹後でそれぞれ推進。2020年の丹後ちりめん創業300年に向けた事業なども盛り込んだ。また府北部での防災事業で、原発事故時に避難路になる道路整備に加え、高浜原発30キロ圏の広域避難計画を踏まえて京都市や兵庫県などとも連携する広域避難訓練や、日本海側の津波に備えた津波災害警戒区域の指定や被害想定なども行う。

■散策ルートを新設
【中丹管内】「森の京都」事業の一環で散策路やトレッキングルートを新設。福知山市と宮津市を結ぶ今普甲道(宮津街道)や大江山の毛原峠を通る元普甲道の一部で石畳の古道などを、トチノキが群生する綾部市睦寄町古屋や洞(ほら)峠周辺でトレッキングルートをそれぞれ整備、温泉や地場産品店などとも連携する。

舞鶴市倉谷の中丹東保健所を新築移転。17年4月開所予定で、防災拠点スペースを設け医薬品なども備蓄する。

舞鶴港のエネルギー拠点化に向け再生可能エネルギー発電施設の新規立地を促進する。

原発事故時の孤立を防ぐため、高浜原発5キロ圏に近い舞鶴市の大浦半島の府道田井中田線と、綾部市奥上林地域の府道小浜綾部線の道路を改修する。

■学生が観光プラン
【丹後管内】「海の京都」事業の一環で、観光を学ぶ専門学校生が丹後地域の観光プランを作る「バーチャル旅行会社」の経費を計上。重点「道の駅」に選ばれた丹後王国「食のみやこ」(京丹後市)で食の祭典を開いて丹後の海・山・里の幸をPRする。

丹後ちりめん創業300年を前に、織物業者と高校生による着物文化の発信イベントも企画。ユネスコの正式事業化を受けた山陰海岸ジオパークの推進事業として、兵庫、鳥取両県と連携した広域周遊観光、外国語対応の情報発信アプリ開発などに取り組む。

阿蘇海と流域(宮津市、与謝野町)の環境改善のためアサリやポップなど自然の恵みを楽しむ催しを開き、カキ殻回収・資源化を進める。
---

記事の内容以外にも北陸新幹線の敦賀以西ルートで京都府北部を経由するルート案のPRに200万円が計上されるなど、府北部への産業・観光振興に手厚い予算配分となりました。

本年も観光振興策の柱として「森の京都」「海の京都」事業が継続されるようです。昨年の「海の京都」キャンペーンは好評を博し、観光客は丹後地方や舞鶴地方で大幅に増加、観光客の平均滞在時間も大きく伸びる結果となりましたので、今年の「森の京都」キャンペーン開始で、昨年の「海の京都」では盛り上がりがイマイチだった福知山市や綾部市での盛り上がりも期待されます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/523-89a6cbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。