京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府北部ルートを要望 5市2町 与党PTに

朝日新聞(2月10日付)舞鶴支局版

---
北陸新幹線 府北部ルート要望 5市2町、与党PTに

京都府北部の5市2町でつくる府北部地域連携都市圏形成推進協議会(会長、多々見良三・舞鶴市長)が9日、北陸新幹線府北部ルートの実現への支援を与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)検討委員長の西田昌司参院議員に要望した。

要望書によると、「府北部は30万人都市に匹敵するポテンシャルを有しており、将来は西日本の日本海側の核となり得る地域」とした。そのうえで、「府北部を経由する北陸新幹線の実現は、東アジアとの海の接点となる『京都舞鶴港』と観光都市『京都』『関西国際空港』が接続され、観光や産業面での交流を促進し、近畿圏に大きな経済効果をもたらす」などとしている。多々見会長らが西田委員長に提出。5市2町の議長らも同日、同じ趣旨の要望書を提出した。

JR西日本は福井県小浜市と京都市を通るルートを与党PTに要望している。同協議会の事務局を務める舞鶴市企画政策課によると、与党PTが5月にもルート案を絞るとしており、その前に関係府県へのヒアリングを予定していることから、地元の意思を示すために要望したという。
---

北陸新幹線敦賀以西ルートでは従来の3案に対してJR西日本が提唱する「小浜京都ルート」の他に府北部を経由し京都市に至る「舞鶴京都ルート」が議題にあがっています。現在の所、府北部5市2町の他に京都府や京都市、また大阪府南部や兵庫県北部の自治体、また山陰地方の自治体などが舞鶴京都ルートへの支持を表明している反面、福井県は従来からの小浜ルートを、また富山県や石川県はJR西日本が提案する小浜京都ルートへの支持を明らかにしています。

ただ従来の小浜ルートは国際観光都市である京都市を通らないルートであり、京都府にとっては到底受け入れられないルート案です。また小浜京都ルートは京都駅を経由するものの、小浜から京都間は人里離れた山岳地帯を通過するだけで、莫大な地元負担に対してメリットが少なく、経済効果も薄いルート案です。

一方、舞鶴京都ルートは海上自衛隊や海上保安庁など重要な施設を有し、また大型クルーズ船が多数寄港し、外国人観光客も増加傾向にある舞鶴市、企業誘致が盛んで府北部の玄関口となっている綾部市など府北部から、南丹市や亀岡市など京都府中部を経由し京都市に至るルート案であり、京都府の地元負担に対しても絶大な経済効果が期待でき、また西日本の空の玄関口である関西国際空港へつながることで、京都府のみならず関西経済にとって大きなメリットがあります。

5月にはルート案が絞り込まれ、国土交通省による建設費調査などが予定されています。新たな国土軸を構築するためにも舞鶴京都ルートでの建設が最も望ましく、そのためにも与党検討委員会で賢明な判断がされることを祈るばかりです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/521-217a5fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。