京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴ルート、山陰地方からも支持・理解広がる 北陸新幹線 

京都新聞(2月10日付)

---
北陸新幹線延伸 舞鶴ルート実現を 「山陰縦貫」市町村会議

日本海側を通って関西と九州を結ぶ「山陰縦貫・超高速鉄道」の整備推進市町村会議は9日、北陸新幹線の敦賀以西ルートを検討している与党検討委員長の西田昌司参院議員(京都選挙区)に、京都府などが提案予定の舞鶴ルート(小浜~舞鶴~京都)実現に向け要望書を提出した。

委員かいでは、JR西日本が提案した小浜~京都ルートや琵琶湖東岸を走る米原ルートなどのほか、舞鶴ルートも有力な候補として検討されるとみられる。

要望書は、同会議が早期実現を求めている山陰新幹線との将来的な接続を視野に、府北部を経由する北陸新幹線の延伸は「最も効率的で円滑、合理的なルート」とし、舞鶴ルートの重要性を強調している。

同会議は鳥取市や松江市など7府県49市町村で構成。要望に訪れた中山泰京丹後市長は「舞鶴は山陰の玄関口。山陰と北陸を日本海側でつなげば、防災上の代替機能確保の上でも大きい」と訴えた。

同会議にも参加する府北部7市町と市町議会も同日、舞鶴ルートを求める要望書を西田氏に手渡した。
---

先日は兵庫県北部の市町村からも舞鶴京都ルートを支持する要望が提出されましたが、今回は山陰地方に属する鳥取県・島根県の市町村からも支持する要望が出され、同ルートの課題であった広域的な支持・理解が広がっています。

舞鶴京都ルートは将来的に山陰新幹線が整備される際には一部区間を共用で使用でき、インフラの有効活用の観点からも他のルートに比べて優位性が指摘されています。確かに関西地方と北陸地方を最速で結ぶ事も重要ですが、巨額の国費を投じる以上、新たな国土軸を構築し、インフラを有効活用する観点も重要です。

今月には与党検討委員会で京都府及び京都市が舞鶴京都ルートを提案する予定です。流れは小浜京都ルートが有利との見方もありますが、同ルートこそインフラを有効活用でき、新たな国土軸を構築できるという優位性を訴え、京都府北部経由での新幹線延伸を実現してほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

山陰地方の各自治体も舞鶴ルートへの賛意が示されたことで、京都府北部経由での建設へ弾みがついたように思います。

今後は国土交通省が建設費の試算などを提示すると思われますが、京都小浜ルートと比べてどれだけ高額となるかが焦点になると思われます。

関西だけでなく、日本のためにも舞鶴ルートでの建設を強く求めます。

  • 2016/02/11(木) 12:03:58 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

京都府北部を経由した方が、小浜から長大トンネルを掘るよりも需要は取り込めるし、建設費自体も安上がりの可能性がある。

お金を出さない北陸2県の意見よりも、最もお金を出す京都府や福井県の意見を最大限尊重するべきでしょう。

個人的には京都北部を経由するルートに賛成です。

  • 2016/02/18(木) 05:42:04 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/520-4f503922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。