京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴経由を否定しにくい福井 ルート実現に影響

福井新聞(2月4日付)

---
舞鶴経由を否定しにくい福井 ルート実現に影響

北陸新幹線敦賀以西ルートをめぐり、関西広域連合が従来方針の「米原ルート」を撤回する中、JR西日本が要望する「小浜―京都」案と、京都府側が求める「小浜―舞鶴―京都」案がクローズアップされている。いずれも小浜を通るが、舞鶴経由だとルートが西に膨らみ、コスト高になる上、時間短縮効果が薄れる。ただ、福井県側は「京都のことは京都で決めて」と、一定の距離を置く。表立って舞鶴経由を否定し京都と対立すれば、40年来の悲願であるルートの実現そのものに影響するとの懸念が背景にある。

■動きが活発化
もともと、舞鶴経由は与党検討委員会の西田昌司参院議員(京都府選出)が昨年8月に提案し、議論の俎上(そじょう)に載った。西田氏は同11月に検討委の委員長に就任。「京都駅通過はマスト(絶対条件)。今後も(舞鶴経由案を)主張していく」と話している。

歩調を合わすように今年1月、ルートについて慎重だった同府の山田啓二知事が「京都の舞鶴や北部へ延伸するよう主張する」と発言。北部の7市町の首長や議長らも同様の要望書を山田知事に提出するなど、動きは活発化した。

ただJR西の真鍋精志社長は1月26日の検討委の後、利便性と速さから「小浜から京都直通が基本」と述べ、暗に舞鶴経由を否定している。

■県民の理解は
JR西の「小浜―京都」案の場合、小浜からの距離は約70キロ。一方、「小浜―舞鶴―京都」は、在来線から計算すると約137キロになる。建設コストが増え、時間短縮効果も薄れる。福井県のある国会議員は「早く大阪までと言いながら、舞鶴経由はいかがなものか」と疑問を呈する。

「小浜―京都」より舞鶴経由の方が、県内の建設距離が長くなり、福井県の負担額は増えるのは必至。県議の中には「負担が大きくなり、時間がかかるのでは県民理解が得られない」との声もある。

■冷静な議論を
福井県の西川一誠知事は昨年12月の会見で「ルート決定に際し、時間短縮効果、負担を念頭に置く必要がある」と述べたが、具体的なルートには踏み込まなかった。県議会北陸新幹線整備促進議員連盟の山本文雄会長も「府内のルートは、京都で議論すべき問題」と距離を置く。

関西広域連合が米原ルートを主張していた中で、福井県議会は京都府議会と議論を重ね、若狭ルートの優位性を説得してきた経緯がある。別の県議は「舞鶴経由には賛成しかねるが、米原ルートを打ち消す意味では、一致してきた。福井と京都が対立することは、小浜回り実現の足かせになりかねない」と悩ましさも打ち明けた。

与党検討委は2月中に、京都府知事と京都市長を呼び意見を聞く予定で、府知事は舞鶴経由を要望するとみられる。長年、県内延伸に取り組んできた福井商工会議所の宮崎和彦専務理事は「整備新幹線は多額の国費が投入されるため、国民の理解が必要。国土強じん化や交通のリダンダンシー(多重性)、経済効率などを踏まえた冷静な議論が必要」と指摘する。
---

京都府などが推す「舞鶴ルート」について福井県は賛否を明らかにしていませんが、両府県はともに小浜経由を主張してきただけに、舞鶴経由をめぐっての対立は小浜経由自体もご破算になりかねません。福井県・京都府の思惑の違いはあるにせよ、両府県が一致してルートを推進できるよう議論を深める必要がありそうですし、お互いの意見を尊重した対応が求められます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

今、舞鶴小浜間だけがつながらない状態なので京都府福井県の間で合意形成ができれば格段に舞鶴ルート実現の可能性が高まりますね
京都府がJR西案に合意しなければ福井県は実質的には滋賀県の推す米原ルートを辿るしかありませんが、これにはJR西が強く反対しています
京都府福井県そしてJR西の間で舞鶴ルートに合意形成できればまた、一歩大きく前進できることになり、京都北部にとって大きな期待が膨らみますね

  • 2016/02/06(土) 13:16:04 |
  • URL |
  • タロ #-
  • [ 編集 ]

兵庫が支援になるというなら、いっそのこと舞鶴から城崎、鳥取と回ってから大阪に行ってもらえませんか?

  • 2016/02/06(土) 22:44:59 |
  • URL |
  • #CVtSlW3I
  • [ 編集 ]

敦賀以西のルート決定では、政府与党は京都府、福井県、JR西日本の意見を最大限尊重されると思われます。京都府は舞鶴ルートを強く推薦していますので、あとは福井県やJR西日本へ理解や支持が広がるかが大きなポイントになりますね。

福井県としても京都府側との対立は、長年の悲願であった小浜経由に大きな影響を及ぼすだけでなく、敦賀以西の早期着工にも暗い影を落とします。

JR西日本にとっても大阪まで自社路線での建設は悲願ですので、落としどころとして「舞鶴京都ルート」での建設で落ち着くのが一番かと考えます。

あとは京都側がいかに福井県やJR西日本に熱意を伝えられるかにかかっており、山田知事を先頭に誘致活動を実施してほしいと思います。

  • 2016/02/07(日) 09:23:18 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/517-3db37f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。