京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸新幹線、舞鶴ルート案を強調 京都府知事

京都新聞(1月30日付)

---
北陸新幹線、舞鶴経由案を強調 京都府知事

北陸新幹線未着工区間の敦賀以西ルート(福井県敦賀市-大阪市)をめぐり、JR西日本(本社:大阪市)が推す福井県小浜市から京都駅へ直結するルートについて、京都府の山田啓二知事は29日の記者会見で「(新幹線の)事業主意見なので重い話だが、府として一番良いやり方を主張する」と述べ、小浜から舞鶴市を経由し、京都駅に向かう舞鶴案を最優先として推す意向をあらためて強調した。

JR西は26日、ルートを検討する与党委員会の意見聴取で「小浜-京都」ルートを正式に要望した。関西広域連合が28日、東海道新幹線の米原駅につなぐ「米原案」を優位としていた主張を事実上撤回しており、府の推す舞鶴案や、JR西案に絞り込まれる可能性が高まっている。

JR西案に対し、山田知事は「舞鶴案も『小浜-京都』ルートの一環だ」と類似性を評価した一方で、府内における経済効果や自治体の費用負担、新幹線開業時にJRが経営から切り離す並行在来線も勘案するべきと指摘。「結論を出す与党委員会には、京都として一番良い解決策を主張する。地元協力がないとできない事業なので、意見をできるだけ取り入れてもらいたい」と、現時点では舞鶴案を最優先する方針を示した。
---

JR西日本などが推す「小浜京都ルート」は京都駅に直結するため、従来の3案(小浜・米原・湖西)と比較すると経済効果が高く、観光振興や利用促進にも資するルート案ですが、京都府にとっては途中駅の新設が難しい上に地元負担が大きく、舞鶴ルートと比べると費用対効果が疑問視されます。

舞鶴ルートは日本海側の拠点港で毎年多数の国際大型クルーズ船が寄港する舞鶴港や、日本三景の1つである宮津・天橋立がある京都府北部と国際観光都市の京都市、また西日本の空の玄関口である関西国際空港を結ぶルート案であり、観光振興や利用促進に大きく資する非常に経済効果も高いルート案です。

今後は国土交通省の建設費試算などが出されていくと思われますが、国民の血税である建設費に見合う経済効果が期待できることを示すため、あらゆる角度からの検証が求められます。また舞鶴ルートを推進する立場からは、地元の「相当の覚悟」を示していく必要があり、地元負担や並行在来線問題などでも前向きな発言が求められるでしょう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

京都府北部や兵庫県北部の約50の自治体が舞鶴京都ルートを支持する要望書を政府や与党に提出とのこと。京都府北部経由を推す京都府にとっては追い風となりそうですね。

あとは地元の熱意が最も必要となってくると思います。ぜひ京都府北部経由を実現するため、署名活動なんかも誘致運動の一助になるのではと思います。

  • 2016/02/06(土) 16:57:23 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/516-5bdc05a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。