京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路案に一本化 舞鶴-三田ガスパイプライン

京都新聞(11月18日付)

---
高速道路案に一本化 舞鶴-三田ガスパイプライン

液化天然ガス(LNG)など日本海側のエネルギーインフラに関する京都府や兵庫県の研究会は17日、京都市上京区の府公館で3回目の会合を開き、両府県が国への提言に向けた中間取りまとめ案を示した。2案あった京都舞鶴港(舞鶴市)-兵庫県三田市間のガスパイプラインルートは、「高速道路への敷設」に一本化した。実現に向けた規制緩和を国に求める。

両府県は、提言を早期にまとめ、全国的なガス導管整備計画策定を予定している経済産業省や、高速道路を所管する国土交通省に対して年内に提出する方針。

10月の前回会合で両府県は、舞鶴-三田間のパイプラインルートに関して、一般道、高速道に敷設する2案を提示していたが、中間取りまとめ案では、工期などの点で高速道案が「有望」とした。

国には、同ルートを国の新たな計画に採用するとともに、整備に向けて高速道占用に関する規制緩和や国事業での整備を検討するよう求める。

このほか、日本海側の空白地解消のため、富山県から山口県までを結ぶパイプライン整備も必要とした。京都舞鶴港でのLNG基地設置や、日本海側での次世代資源メタンハイドレート開発促進も、要望として盛り込んだ。
---

今後予想される南海トラフ大地震等の発生時のライフラインの代替手段確保のためにも舞鶴-三田ガスパイプラインの建設は非常に重要です。特にLNG基地は、現在、太平洋側ばかりに集積しており、日本海側では新潟県にあるのみであり、京阪神に距離的に近い京都府北部に基地を設置することで、エネルギーの安全供給に大きく寄与するものと思料します。

今回の研究会では舞鶴自動車道に沿った形でのガスパイプラインの敷設がコスト面で有利であるという一定の結論が出ました。今後はこの案を軸に数百億円といわれる費用面の問題や、具体的な規制緩和策など一つづつ課題を解決していってほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/490-20a6da76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。