京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福パスでGO 京都丹後鉄道や路線バス、割安乗車券

産経新聞(9月15日付)舞鶴支局版

---
幸福パスでGO 京都丹後鉄道や路線バス、割安乗車券

京都丹後鉄道を運行するウィラートレインズ(本社:宮津市鶴賀)など4社は18日、鉄道とバスを使って府北部と兵庫県豊岡市の計5市2町を割安に移動できる企画乗車券「幸福パス」を発売する。1000人の利用者を目標にしており、府北部への旅行者増を目指したいとしている。

幸福パスを発売するのは、ウィラートレインズと、京都交通、丹後海陸交通、全但バスの4社。4社が連携した企画乗車券は初めて。京都丹後鉄道の普通・快速列車のほか、京都交通では舞鶴・福知山地区の路線バス、丹後海陸交通では福知山市、宮津市、京丹後市、与謝野町、伊根町の路線バス、全但バスでは豊岡市内の路線バスが3日間、乗り降り自由になる。いずれも高速バスや特急バスなど乗れないものもある。

ウィラートレインズが本社を置く宮津市には「三人寄れば文殊の知恵」で知られる智恩寺・文殊堂のほか、元伊勢籠神社などがあり、周辺にも幸福をもたらすとされるパワースポットが点在していることから、幸福パスと名付け、利用者に幸福が訪れるようお守りのようなデザインにしたという。

各事業者の窓口のほか、京都丹後鉄道のサイトで18日から来年3月31日まで販売する。さらに、利用者から「幸福メッセージ」を募集し、4社のグッズの詰め合わせをプレゼントするキャンペーンも行われるという。幸福パスは大人(中学生以上)5,800円、小学生以下半額。

---

新たな需要創造の意味で、おもしろい企画だと思います。鉄道の最大の弱点として駅から目的地までの交通手段の確保が難しい点にあり、自動車の「ドアツードア」には対抗できていませんでした。特に地方では駅からの交通手段が脆弱であり、鉄道利用の低迷の原因の1つとなっています。今回のバス会社との取り組みによって、利用者の利便性はある程度向上することが期待されるため、鉄道利用の促進にも寄与するものと考えられます。

京都縦貫道の全線開通などで経営環境の厳しさが増す京都丹後鉄道ですが、観光振興の核として、また地域の足として今後も地域になくてはならない鉄道です。今後も応援していきたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/470-34c20c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。