京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2万台超も お盆交通量が過去最高 京都縦貫道

毎日新聞(8月20日付)舞鶴支局版

---
京都縦貫道、お盆交通量が過去最高

7月18日に全線開通した京都縦貫自動車道のお盆期間(8月6〜16日)の交通量について、京都府道路公社(京都市)は18日、3区間で過去最高を記録したと発表した。

宮津天橋立インターチェンジ(IC)−舞鶴大江ICが1万9,380台(14日)▽舞鶴大江IC−綾部ジャンクション(JCT)が2万483台▽綾部JCT−綾部安国寺ICが2万1,297台(以上15日)に達した。新たに供用された京丹波わちIC−丹波ICの北側につながる綾部JCT−京丹波わちICは前年度のお盆期間より87%も交通量が増えた。

交通渋滞も例年になく発生し、最も混雑したのは、いずれも京都方面に向かう9日の舞鶴大江IC−京丹波わちICの20キロと、15日の京丹波わちIC−丹波ICの20キロだった。

京都府道路公社の担当者は「全線開通の効果で、予想以上に利用していただいている。北部の観光や経済振興に寄与できればと思う」と話している。

---

連休には2万台を超える利用車があり、正確な経済効果の数値は出ていませんが、京都縦貫道の開通効果は京都府北中部に大きな効果をもたらしています。ただ交通渋滞が目立っており、観光客が敬遠してしまうような事態となれば、開通効果も減退してしまいます。今後は京都北中部の経済振興を図るためにも、4車線化基準を大幅に超えている区間の早期の4車線化が期待されます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/459-c322e7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。