京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社宅に一般向け賃貸併設へ 綾部グンゼ社宅跡地

京都新聞(8月1日付)

---
社宅に一般向け賃貸併設 綾部のグンゼ社宅跡地

グンゼ(本社:大阪市)は31日、綾部市青野町の社宅跡地に新たな社宅と一般向け賃貸住宅を建設する、と発表した。同市は京都縦貫自動車道の全線開通などで企業進出が相次ぐ一方、従業員向け住宅の不足が課題となっており、地域活性化も兼ねた有効活用策として事業化した。

予定地はJR舞鶴線・綾部駅北側の1万2,000平方メートルで1922年~51年にかけて建設した木造社宅55棟が老朽化したため、同社が昨年解体し、市と跡地利用を検討してきた。

軽量鉄骨造2階建て計12棟で、延べ面積は約6,500平方メートル。養蚕業で発展した綾部をイメージした繭蔵風の外観デザインを取り入れ、1~3LDK計112戸のうち半分を賃貸住宅とする。投資額は約11億円で8月末に着工し、来年2月の完成後は関連会社が管理運営する。

綾部市は京都縦貫道と舞鶴若狭自動車道の結節点に位置し、地理的優位性に期待する企業が進出しているが、従業員が家族で暮らせる賃貸住宅が市内に少なく、隣接する福知山市から通勤を余儀なくする従業員も多い。企業からは住宅環境の整備を求める声も出ている。グンゼ広報室は「創業の地、綾部の発展に貢献したい」としている。

---

現在、綾部市では製造業を中心とする企業の進出が相次いでおり、また今後は京都縦貫道、舞鶴若狭道、そして京都舞鶴港といった優れた交通インフラを有する地理的優位性をもとに、物流企業の誘致を目指しています。ただ住宅環境ではお隣の福知山市や舞鶴市といった地域に比べ賃貸住宅が少ない現状があり、企業誘致を行う上でも喫緊の課題となっていました。グンゼの賃貸住宅がそのような課題の一助となればと思います。

今後は人口増に対応するため、大型商業施設の誘致など商業振興などにも力を入れ、魅力ある綾部となっていってもらいたいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/449-e309a00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。