京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都縦貫道、着工から34年で全線開通

京都新聞(7月19日付)

---
京都縦貫道、着工34年で全線開通 関連イベントも開幕

京都府の南北を結ぶ京都縦貫自動車道の京丹波わちインターチェンジ(IC)-丹波IIC間(いずれも京丹波町、18.9キロ)が、18日開通し、着工から34年を経て全線がつながった。夏休み初日とも重なり、旅行や帰省に向かう人たちが早速、車列をつくった。

縦貫道は宮津市-久御山町間の全長約100キロで、1981年に一部区間が着工した。同日午前の開通式は台風の影響で中止となったが、予定通り午後2時から通行が可能になった。
ちゃL
縦貫道の全線開通に合わせ、京都府北部5市2町の歴史や文化、海の恵みを発信するイベント「海の京都博~さあ、知と遊の冒険へ~」も開幕、宮津市で開会式典が行われた。山田啓二知事は「府北部は優れた資産と資源に恵まれている。多くの人々に、地域が頑張っている姿を見てもらい、活性化に役立てたい」と述べた。

府北部各地で11月まで、さまざまなツアーやイベントが行われる。

---

京都府民、とりわけ京都府北部の住民にとって長年の悲願とも言える事業の完成で、大変喜ばしい限りです。京都縦貫道の全線開通により、京都市内から宮津・天橋立までは約1時間50分となり、日帰り観光圏として観光客の増加が期待されます。

反面、天橋立周辺は恵まれた観光資源が多いにも関わらず、知名度は低く、その周遊性に課題が残ります。今後は奥丹後地方の観光振興や、京都舞鶴港を中心とした国際フェリーで下船する観光客の取り組み解決が重要となってくると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/445-7b3eff15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。