京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴若狭道全通で観光客増加 京都北部にも好影響

産経新聞(11月28日付)

---
舞鶴若狭道全通で福井・嶺南地域の観光客2割増

舞鶴若狭自動車道(舞若道)全通後、嶺南地域で観光客が2割増加し、在来ルートの国道27号の交通事故が3割減少したことが、国土交通省近畿地方整備局(大阪市)と中日本高速道路(本社:愛知県名古屋市)などが発表した3カ月間(7月21日~10月20日)の整備効果でわかった。

交通量(小浜-敦賀間)は1日平均7,400台(平日6,400台、休日9,200台)で、6,000台の計画交通量を2割以上上回った。

福井・北陸と中国・四国間の長距離移動は、混雑している名神高速道路から約7割が舞若道経由に転換。名神経由に比べて約33キロ短いことなどが影響した。一般道(国道27、303号)を走る貨物交通も約6割の車両が舞若道を利用するようになった。このため国道27号の交通事故が前年同期比で約3割減少した。

観光地への利用者も増加しており、嶺南地域の主な観光地では来場者が前年同期比で2割増加し90万9,100人。隣接の京都府北部地域でも同様の効果が表れた。このほか、舞若道利用での公立小浜病院(小浜市)への救急搬送は30件あった。

中日本高速道路では「6,000台を上回ったが、全線開通効果に物珍しさもあったようだ。冬場になるが名神の米原を経由して中・四国に行く人が比較的雪が少ない舞若道を経由することも考えられる。6,000台は年間の平均なので、このあとどの程度落ち着くのか見守りたい」としている。

---

宮津市の天橋立や舞鶴市などの観光客数も、舞鶴若狭道の全通に伴い増加傾向にありますので、非常に良い傾向ですね。来年3月末には、京都府南部と北部を結ぶ「京都縦貫自動車道」が全線開通する予定で、更なる経済効果が期待されます。

観光振興の他、企業誘致などにも力を入れ、人口減少に悩む北部地域の起爆剤となってほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/436-c9075835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。