京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴・海上保安学校が大幅増員 教職員も増員へ

産経新聞(10月11日付)舞鶴支局版

---
海保学校に過去最多346人入学 尖閣警備で1.5倍の大幅増

海上保安学校(舞鶴市長浜)の10月期入学式が10日、同校講堂で行われた。尖閣諸島周辺海域の警備強化などによる海上保安庁職員の増員計画に伴い、同校の定員も従来の約430人から643人に増加。今回の入学者数は過去最多の346人(うち女子36人)で、昨年10月期(203人)に比べ約1.5倍の大幅増となった。

入学したのは船舶運航システム課程第46期生。今年5月の入学試験には全国から過去最多の9,122人が受験し、うち937人が合格。この中から採用された19歳から24歳の新入生が、この日の入学式を迎えた。

学生の増員に伴い、全寮制の同校では学生寮「青葉寮」と第二厚生棟を新築。教職員を11人増やすなど準備を整えてきた。入学式も、講堂にすべての新入生家族が入りきれないため、初めて食堂でパブリックビューイングを実施。約150人が大型モニターで新入生の晴れの姿を見つめた。

式では一人一人の名前が呼ばれ任命を受けた後、新入生代表の瀬川健太さん(22)が「国民の負託に応えられる海上保安官になることを誓います」と宣誓。船越良行学校長が「諸君は次代の海上保安庁を担い、国家・国民のため大いなる活躍が期待されています。今日の感激と決意を胸に、海上保安官の基礎をしっかりと築くことを切に望みます」と式辞を述べた。

青森県出身で地元の第2管区海上保安本部での勤務を希望している谷地政哉さん(22)は「小さいころから海上保安官を目指したきたので、この日を迎えることができてたいへんうれしい。小学生から大学まで続けてきた水泳を生かして、潜水士を目指したい」と抱負を話した。

---

海上保安学校は全国で唯一、舞鶴市にあるのみであり、多くの海上保安官がこの学校を卒業して、全国各地の保安本部に赴任します。周辺海域での不穏な動きなどから、海上保安官の増員が急務となり、舞鶴のある海上保安学校が増強された事は非常に喜ばしい限りです。

今後は仮設置している学生寮などの本格建設等も検討していってもらいたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/431-bfecc74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。