京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリン跡地に日通 中韓の物流拠点視野 舞鶴

京都新聞(7月12日付)
---
キリン跡地に日通 中韓との物流拠点視野 舞鶴

運送大手の日本通運(本社:東京都港区)は11日までに、舞鶴市倉谷のキリンビバレッジ工場跡地の一部を借り受け、配達拠点として営業を開始した。舞鶴港で今後と、中国や韓国との輸出入で貨物量が増える可能性があることを見込んで進出したとみられる。

工場で1992年3月から缶コーヒーなどが製造されていたが、昨年10月に生産を中止。キリン側と京都府、舞鶴市が跡地利用について協議してきた。

日通が進出したのは、工場跡地4万5,000平方メートルのうち、倉庫部分の1万3,000平方メートル。日通によると、主に舞鶴市内に配達する荷物の配達場所として6月から活用しているが、今後舞鶴港の貨物量が増えれば、輸出入の集積拠点として活用することも視野に入れている、という。

日通は、舞鶴港国際埠頭に倉庫2棟を建設中。広報担当者は「舞鶴港周辺の高速道路整備が進み、中国や韓国との航路のニーズも高い。府北部での事業展開を重視した」としている。

府や市は跡地への製造業や運送業の拠点誘致を目指しており、府産業立地課は「府北部の物流拠点として活用されるなら喜ばしい」と今回の日通の進出を歓迎している。
---

一部ですが、早期に跡地利用が決まったことは喜ばしい限りですね。同地は国道27号バイパス「西舞鶴道路」が建設されれば、舞鶴若狭道及び舞鶴港と直結する好立地で、物流業や製造業の拠点として活用されることが期待されていただけに、日本通運の進出は雇用増及び舞鶴港の発展に寄与することから歓迎されます。残りの3万2,000平方メートルの跡地の早期利活用も望まれます。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

あそこの土地は、幹線道路沿いにあるので、複合商業施設なんかが進出してくれると良いと思う。

あと大和紡績の工場跡地も長年塩漬け状態になってるし、早く企業誘致してくれれば、それだけ雇用対策になるから、期待している。

  • 2014/07/12(土) 15:00:57 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

人口減少を食い止め、経済を好転させるために、企業誘致を積極的に行ってほしい。幸い、舞鶴市には国際貿易のできる舞鶴港があり、高速道路もある。がんばってほしい。

  • 2014/08/10(日) 07:48:42 |
  • URL |
  • 太郎 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/421-b8ebfdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。