京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東西循環線を増便 舞鶴共済病院前にも停留所新設 京都交通

京都新聞(5月10日)

---
舞鶴の基幹バス路線 大幅増便 12日は終日無料に

舞鶴市内を中心に路線バスを運行する京都交通(登記上本社:大阪市)は12日、市内東西地区を周回する基幹路線「東西循環線」を終日無料にする。同日から実施する改正ダイヤの利便性をアピールするのが狙いで、初めての試み。

改正ダイヤは、東西循環線の右回り、左回りとも30分ごとに走らせ、現行の44便から56便に増便する。舞鶴市民病院が舞鶴赤十字病院の隣接地に移転したことを受け、大門三条-市場間の往復運転をなくし、舞鶴共済病院の前の停留所を新設、公的4病院をつなぐルートに変える。

12日は始発から終発まで、大人、子どもとも運賃を無料とする。同社舞鶴営業所は「新しくなったダイヤがどれだけ使いやすくなったか、一度、乗ってみてほしい」と期待している。

---

京都府北部を含め地方では自動車が生活の足となり、公共交通機関である路線バスの利用は極めて低迷しています。しかし自動車を運転できない高齢者や子供など、交通弱者のためにも路線バスは必要不可欠であり、自治体からの補助金などでしのいでいるのが現状です。

そのような現状から少しでも脱却すべく、日頃より利便性の高いダイヤを追求し、利用者増加の取り組みを続ける京都交通には敬意を表したいですね。今後、路線バス利用者の増加を期待したいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/411-93cb7211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。