京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8割を地元雇用へ 舞鶴港の利用も検討 来年10月稼働のTRI京都

京都新聞(12月7日付)

---
8割を地元雇用で 東海ゴム新会社

産業用ホースを生産する100%出資の新会社を6日設立し、府営綾部工業団地(綾部市とよさか町)で工場を稼働させる「東海ゴム工業」(本社:愛知県)と新会社は同日、従業員の大半を地元で雇用し、地元発注にも努める考えを明らかにした。

東海ゴム工業の西村義明社長と、新会社の田中孝之社長が綾部市内で会見、新会社名を「TRI京都」と発表した。綾部進出を決めた理由として、ホース製造に適した柱の間隔の長い建物を50ヵ所ほどで探し、今回の用地に残る旧トステム綾部工場跡の2棟(計約7万1,000平方メートル)が「唯一満足できた」と話した。舞鶴若狭自動車道、京都縦貫自動車道全通の計画や舞鶴港の存在も理由にあげた。

従業員は来年4月時点で30人、操業を開始する同10月に80人、2015年1月に110人、16年4月に160人と増やす計画で、「80%くらいを地元雇用としたい」とし、年内にも採用活動を始める方針。「物流や梱包の材料など、できるものは地元で調達したい」と話し、舞鶴港の利用も検討するという。

綾部市の山崎善也市長は、今回の企業立地について「新たな雇用創出と地域経済活性化の大きく寄与する」と期待を示した。

---

企業誘致では、地元企業への恩恵が少ないという面も多々ありますが、今回、綾部市に進出する東海ゴム工業は、地域と共存共栄を目指すとのことで、その姿勢は高く評価できます。地元企業への発注や京都舞鶴港の利用など、地域経済への貢献を期待します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/394-913fdf4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。