京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綾部に新会社設立へ 旧トステム跡地に 東海ゴム

京都新聞(10月30日付)

---
綾部工業団地に新会社 東海ゴム 旧トステム跡地に

東海ゴム工業(本社:愛知県小牧市)は29日、綾部市の旧トステム綾部工場跡地に産業用ホースを生産する新会社「TRIホース製造(仮称)」を2014年1月に設立、同年秋に工場の稼働を目指すと発表した。

京都府営綾部工業団地内にあった旧トステム綾部工場は団地内で最大の敷地で操業していたが、海外での住宅生産比率を上げる方針を受けて10年3月に閉鎖。新たな企業の誘致が課題となっていた。

東海ゴム工業は現在、本社と三重県松坂市の2ヵ所で、重機に接続したり、コンクリートや化学溶液を運搬したりする産業用ホースを製造している。

本格化する震災復興や20年の東京五輪に向けた工事などでのホースの需要増を見込み、国内の製造拠点を新会社に集約。生産拡大や新製法導入による低コスト化を図る。

新会社は同社が100%出資し、資本金10億円。工場の敷地は13万平方メートル。旧トステムが使っていた工場7万1,000平方メートルで生産を行う。従業員は地元雇用を含む160人(18年度計画)を見込む。

山田啓二知事は「地域経済に明るい話題。府中北部における雇用創出や府全体の発展に大きく寄与すると期待する」。綾部市の山崎善也市長は「市への産業立地に大きな弾みをつけるものとし、心から歓迎する」とコメントした。

---

綾部市では京セラの第2工場建設に続き、大型の企業誘致が成功したようで、非常に明るいニュースとなりました。

旧トステム綾部工場は敷地面積や従業員数で、綾部屈指の工場であったにも関わらず、10年3月に閉鎖され、綾部経済のみならず、京都北部経済に暗い影を落としており、その工場用地の再活用は、府北部の懸案事項でありました。

今回の企業誘致の成功により、府北部経済に良い影響を与えることは確実であり、今後、北部の工場用地(アネックス京都三和、大和紡績舞鶴工場跡地など)への企業誘致の弾みにもなってほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/387-c4410558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。