京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大島店を閉店 綾部から撤退 フクヤ

京都北部を中心にスーパーマーケットを展開するフクヤ(本社:宮津市、本部:舞鶴市)は、10月末をもって綾部市の大島店を閉店することが分かった。同社にとって大島店は綾部市唯一の店舗であり、同店の閉店により綾部市から撤退することとなる。

フクヤは1919年に創業し、1952年に株式会社フクヤを設立した京都府北部でも歴史のあるスーパーマーケット。京都府北部を中心に14店舗(舞鶴市7店舗、宮津市2店舗、与謝野町2店舗、福知山市1店舗、綾部市1店舗、高浜町1店舗)を展開している。

大島店は人口が増加傾向にあった同地に旧店舗を新築移転する形で進出、1999年にオープンした。売場面積が1,254平方メートルと同社にとっても大規模店であり、また駐車場を150台分用意するなど綾部市内外からの集客を見込んだ出店であったが、その後、舞鶴・福知山に相次いで大型商業施設がオープンするなど集客に苦戦を強いられていた。

同社では舞鶴地区や丹後地区を中心に店舗展開を図っており、コスト面でも不利に働いていたことなどにより、今回の閉店・撤退となった模様で、閉店後の跡地利用などについては今のところ未定となっている。


人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/386-09a115a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。