京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21年の歴史に幕 キリンビバレッジ舞鶴工場

京都新聞(10月11日付)

---
最後の出荷見送る 21年の歴史に幕 キリンビバ舞鶴工場

キリンビバレッジ舞鶴工場(舞鶴市倉谷)で10日、最後の生産が行われ、従業員たちがラインを流れる缶コーヒーを拍手で見送った。計70億本を出荷した工場は年内に閉鎖され、21年間の歴史に幕を閉じる。

工場は敷地面積4万5,000平方メートル。1992年3月に操業を開始し、缶製品を製造した。缶コーヒーと焼酎を混ぜる「舞鶴割り」を地元飲食店に広めるなど地域貢献にも熱心に取り組んだが、低コストのペットボトルへの移行を目指す同社の方針を受け、閉鎖が決まった。

工場内の倉庫で行われた生産終了式には従業員ら75人が参加した。最後の生産となった缶コーヒー120ケース(3,600本)がゆっくりと流れると、寂しそうな表情を浮かべながらも、拍手が湧き上がった。竹重和行工場長(49)は「お客様の70億回分の笑顔をここから提供できた。舞鶴工場、本当にありがとう」と声を張り上げた。

10月末には出荷を終え、財務整理を行って12月に工場を閉鎖する。従業員の多くは、増強されるキリンビール滋賀工場(滋賀県多賀町)に異動し、地元勤務を望む従業員には新たな就職先を探している。跡地利用は同社と市が協議中で、市は雇用創出のため製造業の誘致を目指している。

---

多くの市民に惜しまれながらキリンビバレッジ舞鶴工場が製造を終了しました。社会見学やイベントの開催など地元市民にも親しまれ、京都府北部を代表する企業の1つであっただけに非常に残念です。今後は工場跡地の利用に注目が集まりますが、現在のところ未定とのことで、早期に跡地利用方法が決まることが重要です。舞鶴市とキリンビバレッジにおいては、連携を密にし、企業誘致にあたってほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/379-0519fe5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。