京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴-韓国の定期コンテナ航路 週2便に増便へ

京都新聞(5月24日付)
---
舞鶴-韓国便 週2便に増便 京都府発表

京都府は23日、舞鶴港(舞鶴市)と韓国の定期コンテナ便が週2便に増便すると発表した。韓国の船会社、長錦商船(本社:ソウル市)が毎週運航する釜山港発着便が30日から舞鶴にも寄港する。

就航するコンテナ船は「SINOKOR ULSAN」(5,356トン)で、鳥取県の境港や福井県の敦賀港なども経由。舞鶴国際埠頭には毎週木曜に入港する。輸出車や貨物トラックが直接乗り込めるRORO船の機能もあり、重機や車両運送貨物び輸送の取り扱い増を目指すという。

舞鶴港では、現在、毎週火曜に中国へ、水曜に韓国への国際定期コンテナ便がある。

---

韓国への定期コンテナ航路の週2便化は2007年以来、約6年ぶりとなります。週2便のなることで利便性は向上し、集荷にも弾みがつくと思われます。ただ現状の舞鶴港のコンテナ貨物量(約6,000TEU)では、週2便の航路維持は容易ではなく、積極的なポートセールスなどで京都府などが目標としている貨物量の達成(10,000TEU)が必須となります。航路の週2便化をお追い風に、新規荷主の開拓や既存荷主の利用拡大などを期待したいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

週2便化でコンテナ貨物が増えるといいですね。舞鶴港の航路が増えれば、北近畿の企業誘致も有利になりますし。

  • 2013/06/01(土) 22:01:31 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/351-3f0e8a07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。