京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山に新工場 今夏着工へ 堀場エステック

毎日新聞(4月19日付)舞鶴支局版

---
福知山へ新工場 今夏着工 舞鶴港の利用も 堀場エステック

堀場製作所の半導体関連部門を担う子会社「堀場エステック」(本社:京都市南区)は18日、福知山市の京都北部中核工業団地に研究施設「京都福知山テクノロジーセンター」(仮称)を建設すると発表した。今夏にも着工し、年内の稼働を目指す。

半導体の生産過程では、ガス状の有機金属をシリコンウエハーに吹き付け、薄い膜状の電子回路を作る。同社はこうしたガスの流量を制御する機器で約4割の世界シェアを有する。現在、南区の本社工場内にガス流量を計測する実験施設があるが、施設が手狭になったことや、消防法上、危険物の保管がしやすいことから郊外移転を模索していた。

同社は府土地開発公社から、福知山市三和町の建設用地約6200平方メートルを取得。建物や設備投資を含む総事業費は約10億円。稼働に伴い本社から10人の技術者を異動させ、地元からの雇用も検討するという。

記者会見した堀場エステックの堀場厚社長は、21日に京都第二外環状道路が完成し、京都縦貫道と名神高速が直結することに触れ「交通の便も良くなり、将来的には舞鶴港からアジアへ輸出する上でも良い場所だ」と評価。同席した福知山市の松山正治市長は「市としても歓迎。堀場グループが起爆剤になり、企業誘致に弾みが付くよう、頑張りたい」と喜んだ。

---

景気低迷や国内市場の縮小などで国内の企業誘致はどこも苦戦を強いられており、新工場建設のニュースは久々の企業進出となり、非常に喜ばしいですね。また京都北部では製造拠点は数多くあるものの、研究・開発施設は少なかっただけに、京都北部の産業発展という意味でも大変意義深いと思います。

今回の企業誘致の成功は、京都縦貫道の延伸とともに舞鶴港の存在が大きく作用しており、舞鶴港の発展が地域の企業誘致に効果が波及することが証明されたと思います。今後とも「働く場」の創出のために、積極的な企業誘致が求められますし、企業誘致を有利に進めるためにも、舞鶴港への一層の投資が必要となってくると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/341-e968600e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。