京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成美大学、本年入学者が最低水準 開学以来、定員割れ続く

成美大学(福知山市堀)の2013年の入学者数が46人となったことがこの程分かった。開学以来、大幅な定員割れとなっている同大であるが、46人はここ数年では最低水準となる数字となった。

成美大学が公表したところによると、今年の入学者は46人で、昨年の52人と比べ6人の減少となった。募集定員の100人(収容定員420人)に遠く及ばず、大幅な定員割れとなった。また短期大学部(募集定員50人、収容定員100人)では入学者が26人と昨年の19人から7人増加となったが、一昨年の33人には及ばなかった。

成美大学では従来、中国人留学生などの受け入れにより学生数を確保してきたが、入国管理の厳格化以降は学生数が激減。2010年には理事長によって募集停止が示唆されたものの、理事長が解任され、停止を撤回する事態に発展した。2011年には文部科学省認定の評価機関から、大学としての基準に満たない「不適合大学」の厳しい評価を受けた上、学校法人自体も赤字経営を強いられているという。

同大では学生確保に向けて様々な施策を検討しているが、少子化の進展や周辺人口の減少、大学間の競争など、前途は厳しく、存廃問題を含めた議論に波及する恐れもある。


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

多額の税金を投入して開学した大学ですが、完全に失敗でしたね。傷口が広がらないうちに閉学した方が賢明でしょう。

  • 2013/06/08(土) 15:21:13 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/337-a3993eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。