京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定通り供用開始へ 京都縦貫道

京都新聞(2月10日付)

---
予定通り供用開始へ 京都縦貫道2区間

民主党政権の公共事業費削減方針で開通の遅れが懸念されていた京都縦貫自動車道の2区間について、京都府は9日、国が当初予定通りの年度に完成させる見通しを府に示したことを明らかにした。

第2外環状道路(大山崎-沓掛、9.8km)と丹波綾部道路(京丹波わち-丹波、18.9km)。国土交通省近畿地方整備局が同日、府に対し、10年度の国直轄事業の事業費見込み額を説明した。

京都府によると、第2外環の見込み額は168~195億円で概算要求段階に比べて47~48億円増やされ、12年度予定の供用開始に間に合う見通し。

丹波綾部道路は29~32億円で09年度予算の半分近くに抑えられているが、供用開始予定は14年度と当初計画通りの時期が示され、府は「国が11年度以降も、予定通りの完成に必要な事業費を計上する姿勢を示したと読み取れる」(監理課)としている。

近畿地方整備局は昨年11月の概算要求の説明で、丹波綾部道路の事業費を本年度の半額に削減し、第2外環も予定工期内に残事業費700億円を確保するのが厳しいとの見通しを府に伝えていた。

京都府はこれに反発し、政府や民主党に対して予定通りの完成を要望。その後、前原誠司国交相は「高速道路はミッシングリンク(分断)をどうつなぐかを最優先に考えなくてはいけない」と柔軟に対応する姿勢を示していた。

---

京都縦貫道は京都府のみならず、近畿地方にとって極めて重要な高速道なだけに、今回の予算付けは非常に評価できます。特に舞鶴道と名神道が京都縦貫道で結ばれることにより、広域物流の活性化が促され、今まで交通インフラ面で他地域に遅れをとっていた京都府北部の産業の集積も期待されます。14年度に向け、新たな工業団地の造成等、今からその効果を最大限あげる努力が必要になってくると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/33-ae78c8c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。