京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪への業務移管、今月末に前倒し 舞鶴海洋気象台

京都新聞(3月8日付)

---
業務移管 今月末に前倒し 舞鶴海洋気象台

舞鶴海洋気象台(舞鶴市下福井)は新年度から、日本海西部の海上警報など予報、観測業務を大阪管区気象台へ移管する。当初は10月の廃止時の予定だったが半年前倒しし、気象台としての業務は3月末で実質終える。

春の人事異動に合わせて職員体制も現行の26人から10人弱に縮小する予定。

島根~京都沖の風速や波高を予報する海上警報は3月27日から、波浪や高潮の観測など沿岸防災観測は4月1日から、大阪管区気象台が担当する。桜の開花など人の目で行う生物季節観測は3月末で廃止。陸上の気象観測は引き続き同市下福井の自動観測機器が計測を続ける。

1日から気象台長は大阪管区気象台長が兼務し、4つの課のうち観測予報課、海上気象課は人員を配置しない。

---

時代の流れなのかも知れませんが、半世紀以上にわたり京都北部、そして日本海西部の気象観測を行ってきた舞鶴海洋気象台の廃止は残念でなりません。11月から発足する日本海海洋気象センターは、海洋気象台の伝統とノウハウを受け継ぎ、日本の海洋気象の精度向上に努めてほしいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/326-b341d472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。