京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸出入1000億円超 12年総額、統計開始後初 舞鶴税関

京都新聞(2月21日付)

---
輸出入1000億円超 12年総額、統計開始後初 舞鶴税関

大阪税関舞鶴税関支署(舞鶴市)は20日、舞鶴港と内浦港(福井県高浜町)の2012年貿易概況を発表した。関西電力舞鶴発電所の石炭輸入が増え、輸出入総額は1091億円と1979年の統計開始後初めて1000億円を超えた。

輸入額は前年比10.9%増の744億円で、3年連続で最高額を更新。7割を占める石炭は511億円で同29.5%増。8、9月に行われた関電高浜原発(高浜町)への核燃料輸入は、同4.6%増の71億円だった。木材、製材輸入は33億円で過去最低となった。

輸出額は同13.8%増の346億円で、3年連続の伸び。ロシア向け自動車が同22.6%増の58億円と復調傾向で、舞鶴の造船会社からの貨物船輸出も216億円と過去2番目の額となった。一方、タイなどへのバイク用エンジン部品は同34.8%減の17億円だった。

中国、韓国などアジア向け輸出額は板ガラスや繊維商品の減少で6.5%減り、輸入額は荷役機械部品などで32%増えた。

---

歴史的な円安(舞鶴税関では1ドル79円で算出)の中、統計開始後初めて1000億円を突破した事は喜ばしいことです。しかし内訳を見ると発電所関係の石炭や核燃料の輸入が多くを占めており、貨物品目が少ないことは今後の課題となりそうです。

なお、舞鶴港が力を入れるコンテナ航路を有する対中国、対韓国の貨物量ともに増加しているようで、4月頃に発表されるコンテナ貨物取扱実績が楽しみですね。

いずれにしても京都北部経済圏の中核となる舞鶴港の振興は地域の活性化には必要不可欠であり、港の発展が北部経済の発展に寄与ことから、積極的な集荷、航路拡充に期待したいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/321-059b5f2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。