京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月ダイヤ改正でKTR001形引退へ 北近畿タンゴ鉄道

読売新聞(2月9日付)舞鶴支局版

---
KTR001形 定期便引退 3月ダイヤ改正

北近畿タンゴ鉄道(本社:宮津市、KTR)の看板特急「タンゴ・エクスプローラー」として使われていたKTR001形列車が、3月のダイヤ改正で定期便から姿を消すことになった。春以降は、季節臨時便などで活用される。

同列車は1990年、KTR宮津線の開業と同時にタンゴ・エクスプローラーとしてデビュー。天井にはめ込まれたガラス窓から陽光が注ぐ車内は、座席位置を高くして車窓の眺めがよい「ハイデッカー」が特徴で、メタリックな色調と流線形の車体も人気を呼び、大阪、京都と丹後地方をつなぐ同社自慢の特急列車として活躍した。

しかし、JR西日本の2011年3月のダイヤ改正で、タンゴ・エクスプローラーが廃止。列車はKTR線内の特急や観光型列車として運行されてきたが老朽化が目立つため、引退を余儀なくされた。

地元でもKTRをリードしてきた車両の引退を惜しむ声が上がるが、同社は「臨時便として運行する際は、ぜひ、丹後まで乗りに来て」と呼びかけている。

---

北近畿タンゴ鉄道を代表する車両として親しまれ、私自身も数度乗る機会がありましたが、とても乗り心地の良い車両として人気がある車両でした。ただ近年は普通列車にも運用されていたためか、痛みも激しく、定期便での運用終了も仕方ないと思います。

今後は多客期の臨時便や団体列車等での運用が予想されるとのことで、KTRの利用促進のため、最後まで力を発揮してほしいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/312-97eb7e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。