京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅弁で北部の味PR KTRが駅弁開発

京都新聞(1月17日)

---
駅弁で北部の味PR 販売向け試食会 KTR

北近畿タンゴ鉄道(KTR)が新年度からの駅弁販売を想定して、沿線の飲食業者と商品開発に取り組んでいる。16日には、宮津市の2業者が開発した駅弁の試食会を行った。

駅弁は、原材料や調理方法が親しまれてきた「地場産」をコンセプトにする。宮津市や福知山市が業者との橋渡し役となり、昨年10月から開発を進めてきた。

KTRは4月から運行する新型車両「あかまつ」「あおまつ」を使い団体や観光向けの列車運行を予定しており、こうした乗客の利用を想定する。具体的な販売方法は検討中。

宮津市役所で行われた試食会では、「イワシのにぎりずし」「サケの押しずし」が紹介された。「お茶付きの値段は」「子供向けの味付けは可能か」など、業者とKTR社員、市職員が商品化にむけて真剣な意見を交わした。

駅弁には福知山・大江中の生徒たちが考案し、地元産の米や山菜で作った駅弁「鬼斬り」も候補に挙がり、京丹後市の温泉旅館も検討している。KTR営業統括の世良純一さんは「府北部地域の味覚を鉄道ファンにPRして、幅広い乗客を呼び込みたい」と話している。

---

非常に良い試みですね。鉄道の旅では駅弁は欠かせないものですし、より多くの乗客に丹後地方の味覚を知ってもらうことは、新たな観光需要を喚起することにもなると思います。ぜひ丹後地方のみならず、舞鶴や福知山地区の名産品も使って、オール北部で観光誘客を図っていってもらいたいと思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/301-a7f63b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。