京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府立医大付属「北部医療センター」として4月にスタート 与謝の海病院

京都新聞(1月9日付)

---
与謝の海病院、府立医大付属として4月に再スタート

京都府与謝野町の府立与謝の海病院が4月から、府立医科大の付属病院「北部医療センター」として再スタートする。府立医大からの医師派遣がスムーズになることで医師不足の改善が期待され、医療の質向上や丹後地域の医師派遣の拠点になることを目指す。

与謝の海病院は、府が特別会計で運営している。医師48人はすべて独立行政法人が運営する府立医大から派遣されているが、ベテランが少なく、放射線科など一部診療科での医師不足が課題となっていた。

そのため、有識者によるあり方検討会議が2012年2月に、人事や経営面でより弾力的な経営ができる府立医大の付属病院化を提言。同年の12月定例府議会で病棟を府立医大に譲渡するための関連議案が可決された。

府は付属病院化により、研修医や指導するベテラン医師の増加などで医療の質の向上が見込めるほか、同様に医師不足に悩む周辺医療機関への医師派遣機能が充実すると期待。救急室の拡充や京都市上京区の府立医大付属病院と症例検討が行えるシステムの整備も進めている。

府は今月中にも国への認可手続きを行う。併設の看護学校は従来通り府が運営する。

---

医師不足に悩む丹後地方にあって、医師確保へ大きな前進であり、非常に良いニュースとなりました。指導医と呼ばれるベテラン医師の確保によって若手医師も働きやすくなるばかりか、患者にとっても高度な医療を受けるチャンスが増え、地域医療にとって質の向上につながると考えられます。

今後は京都北部の医師派遣の拠点として、同じく医師不足に悩む地域への医師派遣機能の充実を図ってほしいと思います。


人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/297-ec535381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。