京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRバスが新規参入 舞鶴-京都間に「若狭舞鶴エクスプレス京都号」運行へ

京都交通(本社:舞鶴市)と西日本ジェイアールバス(本社:大阪市)は17日、12月20日より現在、京都交通が単独運行している「舞鶴-京都線」に西日本ジェイアールバスが新規参入し、共同運行を開始すると発表した。またそれに併せて運行区間を小浜駅まで延長し、朝・夕を中心に2往復増発し、1日6往復にすることも同時に発表した。

同社の発表によると、従来の「舞鶴-京都線」は1日4往復の運行だったが、これを1日6往復に増便した上、うち4往復をJR小浜駅まで運転区間を延長して運行する。愛称は「若狭舞鶴エクスプレス京都号」とし、若狭地方の中核都市である小浜市、北近畿の中心都市である舞鶴市と京都市を結ぶ主要高速バス路線と位置づける。

競合するJR西日本には現在、小浜-京都間の直通列車はなく、近江今津経由の路線バスの利用が多い。また舞鶴-京都間は鉄道のシェアが圧倒的であるが、同区間を運行する特急「まいづる」(1日7.5往復)に匹敵する運行本数を確保することで、利便性を確保。低価格を武器に鉄道輸送の牙城となっている舞鶴-京都間に楔を打てるかが鍵となりそうだ。また2014年度には京都縦貫道が全通し、大幅なスピードアップも見込めることから、今後の需要拡大にも期待する。

なお、舞鶴-小浜間の区間利用も可能で、日常の交流が深い若狭(嶺南)地方と舞鶴の区間利用も期待される。

12月20日からの主な運行時間は、京都駅発が8:00(東舞鶴着10:20、小浜着11:13)、11:00(東舞鶴着13:05)、13:00(東舞鶴着15:20、小浜着16:13)、15:00(東舞鶴着17:10、小浜着18:05)、18:00(東舞鶴着20:10、小浜着21:05)、20:00(東舞鶴着22:30)。

小浜・舞鶴発が東舞鶴発7:35(京都着9:40)、小浜発8:40(東舞鶴発9:35、京都着11:45)、小浜発11:00(東舞鶴発11:55、京都着14:05)、小浜発13:10(東舞鶴発14:05、京都着16:25)、東舞鶴発15:25(京都着17:55)、小浜発18:20(東舞鶴発19:15、京都着21:35)となっている。


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/294-783618a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。