京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山-大阪なんば線を新設へ 日本交通と京都交通

日本交通(本社:大阪市)と京都交通(本社:舞鶴市)は、12月1日より福知山駅前から大阪・なんばOCAT間の高速バスの運行を開始すると発表した。大阪ミナミへのアクセス向上が見込まれ、対大阪輸送では圧倒的なシェアの鉄道利用に切り込みたい考えだ。

同高速バスの運行本数は1日2往復で、福知山駅前からは朝8時と15時に出発、また大阪からは11時50分と18時50分に出発する便が新設され、ビジネスや観光利用が期待される。運行会社は日交シティバス。途中、舞鶴若狭自動車道福知山ICにも停車する。運賃は福知山駅前では1,800円。福知山ICからは1,700円となり、福知山-大阪難波間の鉄道利用の2,120円(JR線、地下鉄線で乗車券のみ)より安価となる。

ただ運転本数は舞鶴-なんば線は1日6往復(金曜日のみ6.5往復)と比べると少なく、今後の運転本数の伸張が利用客の動向を左右させそうだ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/283-fc6c171f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。