京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴に海外客船を 京の「海の玄関口」めざす 舞鶴港

朝日新聞(10月5日付)舞鶴支局版

---
舞鶴に海外客船を 京の「海の玄関口」めざす

舞鶴港に環日本海の都市をめぐるクルーズ船を呼び込もうと、舞鶴市や京都府が動き出している。急増するアジア観光客を取り込み、舞鶴港を京都の「海の玄関口」にするのが目標だ。しかし、ここにも尖閣問題などによる摩擦が立ちはだかる。

「京都にも港があるんですね!」

東京都江東区の東京ビッグサイトで9月20日から4日間、開かれた「JATA国際観光フォーラム・旅博2012」(日本旅行業界協会主催)。舞鶴港へのクルーズ船誘致のため出展していた府と舞鶴市の職員は、関心を示した中国の旅行社の一言に手応えを感じた。

アジア各国の経済成長に伴う富裕層の増大で、アジアクルーズ市場は150万人規模に拡大している。

特に増えているのが中国人客だ。国土交通省によると、2007年には48回だった中国発着のクルーズ船の日本寄港が、10年には182回に増えた。客船の大型化と相まってクルーズ船での来日者数が急増。日本政府観光局が急遽実施した推計では、6月は2万3,000人、7月、8月には各3万人前後が中国からクルーズ船で日本を訪れたという。

今のところ立ち寄り先は九州や神戸など。山陰地方より東の日本海側への寄港はわずかだ。舞鶴港を核とした府北部経済の再生をめざす関係者は、25年までに年間14寄港を確保しようとセールスに走る。

14年に京都縦貫道の全線開通を控え、今年は特に力が入る。開通すれば舞鶴から京都市内までの所要時間が現在の90分から70分に短縮され、京都市内観光も切り札になる。

今回の「旅博」でも、中国旅行社との接触をできるだけ図ろうと画策した。期間前半の2日間で中国の5社との交渉を予定していた。だが、実際話ができたのは2社だけ。3社は姿を見せなかった。説明を聞いてもらえれば魅力を伝えられるが、来てもらわなければそうもできない。「反日デモの影響でしょうね。やっぱり痛い」。誘客の正念場と位置づけていただけに、関係者は無念さを隠さなかった。

中国発着のクルーズ船の寄港キャンセルも出始めた。博多港では9月末に定員3,000人超と2,000人超の大型船の寄港がキャンセルに。観光局は「9月は来日客数が数千人単位で減ったのでは」と予想する。

連携する舞鶴、伏木富山、小樽3港の関係自治体は今年4月、観光拠点港としての国際競争力の強化と需要開拓を目指した「環日本海クルーズ推進協議会」を設立した。中国、韓国、ロシア。領土問題などを抱える3国と結ぶ「夢の航路」実現に向け、関係者は旅行社や船会社にアピールを続ける。

---

クルーズ客船の寄港自体に大きな経済効果が見込める上、京都北部の舞鶴港に寄港することで、今まで外国人観光客が立ち寄ることの少ない丹後・天橋立や福井・小浜方面への観光波及効果も見込まれることから、是非とも「京の海の玄関口」というだけでなく、「近畿地方の海の玄関口」として大きな期待がかかります。

京都縦貫道及び舞鶴若狭道の全線開通まであと2年。港間競争が激化するなか、いかに舞鶴港を含め周辺地域の魅力を発信できるか、行政だけでなく、地域住民の力も必要となってくると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/277-d2664859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。