京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮津火力発電所の再開を 山田府知事が関電に要請

京都新聞(9月11日付)

---
宮津の火力再開を 山田知事、関電に要請

京都府の山田啓二知事は10日、節電協力への感謝で京都市上京区の府庁を訪れた関西電力の廣江譲常務に対し、関電宮津エネルギー研究所(宮津市、出力75万キロワット)の火力発電所再開をあらためて求めた。関電側は慎重姿勢を崩さなかったが、宮津エネ研の火電再稼働により府内の消費電力は府内の発電所でまかなえるため、今後も再稼働を訴えていく。

府の試算によると、火力の舞鶴発電所(舞鶴市)と水力の天ケ瀬発電所(宇治市)と揚水発電の喜撰山発電所(同)に、停止中の宮津エネ研を加えると府内発電所の出力は310万キロワットになる。今夏の関電の最大需要(2682万キロワット)から算出した府内分は311万キロワットで、ほぼ一致する。

関電大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働をめぐって、慎重姿勢を示していた山田知事らに電力供給地である福井県側から「消費地の理解が足りない」との苦言も出ていた。

山田知事はこの日、「宮津火電が止まっているのに消費地と言われてもつらい」と述べ、府内の需要分は府内でまかなうため宮津エネ研の再開を促した。

これに対し、廣江常務は「発電コストや二酸化炭素排出の問題がある。国の政策をみて的確に判断したい」と述べるにとどめた。

宮津エネ研の1,2号機は1989年に稼働したが、当時は電力需要の減少から稼働率が低く、2004年4月までに2基とも相次いで停止した。再開には主要部品を取り換える必要があり、1,000億円以上の費用がかかるという。

---

原子力発電の存廃問題が議論されていく中、私個人としては原発の維持は「電力の安定供給」「環境対策」「原子力技術の維持・発展」といった面で必要であり、維持されるべきと考えています。ただ現状では国民の理解は得られていませんし、今までの関西電力のように原子力発電の発電量に占める割合が非常に高いというのは回避されるべきだと考えます。

過度な原発依存を避け、バランスのよい発電体制を構築するためにも、宮津火力発電所の再稼動は必要と思いますが、1,000億円以上という費用がかかる上、石油発電であり、その後の発電コストも高くなると予想され、再稼動への道筋はたたないようです。

舞鶴発電所(190万キロワット)の総建設費が5,700億円とされており、新規の発電所建設もすぐにはできない中、原発の再稼動か、停止中の火力発電所の再稼動か、またはLNG発電所などの新設か、国民的議論が必要となっています。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/270-5a942b06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。