京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最高 輸出入総額583億円 舞鶴税関支署上半期

京都新聞(8月30日付)

---
輸出・輸入総額 過去最高583億円 舞鶴税関支署上半期

舞鶴市の大阪税関舞鶴税関支署は29日、舞鶴港と内浦港(福井県高浜町)の2012年上半期の貿易概況を発表した。輸出と輸入の総額は583億円で半期として過去最高で、ロシア向け中古車輸出も回復傾向にある。

輸出額は218億円で、前年同期比57.7%増。パナマやリベリア向け大型貨物船など船舶類が145億円、同79.4%増と大きく伸びた。ロシアの輸入関税引き上げに伴い08年下期(108億円)をピークに激減した中古車輸出は同51%増の32億円で、最も落ち込んだ09年上半期(7億円)以降、徐々に回復している。

輸入額は365億円で、過去最高の前年同期に次ぐ水準。原発の燃料となるプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料などの取り扱いがなかった一方、主に関西電力舞鶴発電所で使われる石炭は276億円で同26.3%の伸び。木材はロシアからの輸入が減り、同33.5%減だった。

---

過去最高の取り扱い金額になったことは喜ばしいことですが、主因はユニバーサル造船舞鶴事業所の船舶輸出と舞鶴発電所の石炭輸入に頼っている面が大きく、ロシア向けの中古車輸出が大幅増となった以外は、貨物の多様化という舞鶴港の至上命題はクリアできていないと感じます。

9月より舞鶴港の中国定期コンテナ航路が改編され、新たに上海港に寄港することが決まっています。上海には日本企業が数多く進出しているわけですが、とりわけ京都府内に本社を置く企業も多く立地しており、京都府内企業の舞鶴港の利用促進が期待され、貨物の多様化に貢献してくれることを願うばかりです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/267-3721779c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。