京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最高の1,092万トンを記録 舞鶴港23年貨物取扱量

京都新聞(3月22日付)

---
貨物、過去最高1,092万トン 舞鶴港

京都府は21日、2011年に舞鶴港(舞鶴市)で取り扱った貨物量が過去最高の1,029万6,000トンになったと発表した。舞鶴と北海道を結ぶフェリーの貨物量が52万6,000トン増加するなど、東日本大震災が大きく影響した。

初めて1,000万トンを超えた前年に比べ7.7%増えた。

国外貿易は、輸出入合わせ429万6,000トンで前年比8.2%増。輸入は同6.1%増で、震災復興需要でロシアやカナダからの原木が同33.3%増の約10万トンとなった。輸出は同85.3%増え、ロシアの関税率引き上げで09年に激減した中古車は、同51%増の約11万トンと前年に続く復調傾向を見せた。

韓国や中国とのコンテナ輸出入量は、舞鶴国際埠頭の利用拡大で同58.4%増の12万6,000トン。

国内貿易は663万トンと同7.4%増で、8割を占めるフェリー貨物が同11.1%増加した。府港湾課は「震災で太平洋航路が使えなくなり、日本海側航路の需要が増えた」とみている。

---

過去最高の貨物取扱量とった事は素直に喜ばしいことですが、今後も継続・安定して貨物量を確保するためにも、たゆまぬポートセールス、荷主の囲い込みが必要となってきます。

また舞鶴市によると2011年のコンテナ貨物量も6,000TEUの大台に乗っている見込みであるということで、前年比約2,000TEU増加するなど、コンテナ貨物も堅調に推移しています。舞鶴港が京都北部だけでなく、北近畿地区の経済圏の起爆剤となるよう、今後も官民一体となった港湾の利用拡大を図っていく必要があるでしょう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/232-01eadb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。