京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴-大阪なんば線、伊丹空港へ乗り入れへ 京都交通

京都交通(本社:舞鶴市)がこのほど、舞鶴-大阪なんば線の一部便で伊丹空港(大阪空港)バス停を新設し、1日1往復のみ経由させる方向で国土交通省に申請している事が分かった。実現すれば京都北部と伊丹空港を結ぶ唯一の路線となり、北部住民の利便性も向上しそうだ。

申請内容によれば、3月16日から伊丹空港へ乗り入れを開始し、上り便は東舞鶴駅6時発の571便では伊丹空港に7時55分着。下り便では伊丹空港を18時52分発、東舞鶴駅20時47分着の578便となる予定。

現在、大阪なんば線は1日6.5往復を運行しており、舞鶴と大阪なんばを約2時間で結ぶ路線。なんばOCATで関西国際空港への高速バスと接続し、最大500円の割引チケットを発売するなど、空港との接続強化に努めていたが、今回の伊丹空港への乗り入れにより、従来から乗り換えを強いられていたビジネス利用客にとって、朗報となりそうだ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/224-16e121d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。