京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田小と由良小を統合 宮津市

京都新聞(2月25日付)

---
栗田小と由良小 来年4月に統合 宮津市教委

宮津市教委は24日、栗田小と由良小を2013年4月に統合すると発表した。統合後の校舎は栗田小を使用する。

少子化に伴う市の統合方針を受け、地元住民が協議を重ねたといい、横山光彦教育長は「両地区の理解が得られた。由良小校舎の活用については話し合いを続ける」と述べた。

市教委によると、統合後も栗田小の校名は変えず、由良地区の児童はスクールバスで通学する。統合を控え、来年度は両校の交流学習を増やすという。

---

宮津市由良地区は、今月には京都北都信用金庫が同地区に所在する由良出張所を本店営業部に統合・廃止することを発表しており、また2009年にはにしがき由良店も廃店するなど、生活基盤施設が相次いで閉鎖されています。今回、小学校の廃校も決まったことで一層の過疎化が進行する危険性もあり、非常に危惧しています。

地域再生のためにも、海水浴場だけでなく、通年を通した観光振興とともに、京都北部の中核都市である宮津市、舞鶴市に近い立地面を活かし、若者層の定住促進策も求められそうです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

懐かしい由良

私は小学校2年迄、由良に住んでいました。由良幼稚園では、中西悦子先生、船野清江先生にお世話になりました。昼食時、最初にお弁当の蓋に付いている、ご飯を食べる様に教えて頂きました。先生方は、戦争を経験されているので、食物の大切さを、教えて下さったのでしょう。昭和33年に由良小に入学し、1、2年と岡本京子先生にお世話になりました。外人風で目の大きな先生で、1,2年続けて出産され、代理の先生がみえたのを覚えています。京丹後市にある、両親の墓参りに行く際、奈具の海岸を通るとき、先生方はお元気にされているかなと、いつも思います。幼稚園は休園、小学校は廃校になり淋しいです。

  • 2015/05/30(土) 10:53:26 |
  • URL |
  • 朱実 #5sHe6tnA
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/223-1a8c56fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。