京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴港、医療対策に重点配分 京都府12年度予算案

京都新聞(2月8日付)

---
舞鶴港、医療対策に重点 観光振興策も盛る 12年度府予算案

京都府中丹、丹後広域振興局は7日、管内にかかわる2012年度府当初予算案の概要を発表した。舞鶴港の機能強化や地域医療体制の整備、観光振興などを重点に盛り込んだ。

【中丹広域振興局】
日本海側拠点港に選定された舞鶴港の機能強化として韓国・浦項市との間の国際フェリー試験運航などに1億5,900万円、府中丹地域医療再生計画関連で舞鶴赤十字病院の回復期病棟整備、舞鶴医療センター内への舞鶴こども療育センター移転などに計3億4,800万円を充てた。

振興局独自の地域振興計画推進費は、本年度並みの1,760万円を計上。都市部住民を呼び込む農家民宿の戸数拡大やモニターツアーの実施、移住情報を都市部で発信するリーフレット作成など、過疎高齢化対策に重点を置いた。丹波ブランドを軸に兵庫県と連携した観光・特産品のPRや、地域の大学、短大から自治体に専門家を派遣し、研究成果を地域に結びつける事業を盛り込んだ。

【丹後広域振興局】
丹後地域医療特別整備費として3億4,000万円を計上。若手医師の都市部の病院での研修費などを補助するほか、地域の診療所から与謝の海病院に検査予約ができる病診連携システムを整備する。このほか、北近畿タンゴ鉄道(KTR)の車両整備や魅力づくりを支援するKTRプロジェクト推進費に1億2,500万円を充てた。

独自に取り組む「地域振興計画推進費」は前年同期比1.8%増の1,440万円。観光振興や環境保全活動を支援し、丹後産の食材を使った新商品の開発や販売に力を入れる。また、獣害を防ぐためツキノワグマの行動調査を行い、山陰海岸ジオパークをデザインしたKTRの企画切符なども販売する。

---

中丹地域では舞鶴港の強化や医療対策に重点的な予算付けをされており、将来を見据えた意欲的な予算案であり、非常に評価できるのではないでしょうか。特に舞鶴港は京都府北部地域のみならず、北近畿地域の経済の核となる物流拠点であり、今後とも重点的な取り組みが必要になってくるはずです。

また丹後地域では存廃問題で揺れる北近畿タンゴ鉄道支援の施策が行われており、官民一体となった支援が期待できます。特にKTRは地域にとってなくてはならない地域の足であり、丹後地域の観光振興にも必要不可欠です。車両更新や保線で増大する費用に対し、利用者数が減少している現状で難しい判断も予想されますが、今後ともKTRを支えていく必要があると思います。

人気ブログランキングへにほんブログ村 経済ブログ 地域経済へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/217-9d5478bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。