京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去最高を記録 舞鶴港上半期貨物量

毎日新聞(9月5日付)舞鶴支局版

---
上半期輸入、過去最高 発電所稼働で石炭が大幅増 舞鶴港上半期貨物量

大阪税関舞鶴税関支署(荻野明人支署長)はこのほど、舞鶴港(福井県高浜町の内浦港含む)の11年上半期(1月~6月)の貿易概要をまとめた。輸入額は前年同時期と比べ20.4%増の387億円。稼働した発電所の石炭輸入が大幅に増えるなどしたため、比較可能な統計の残る79年以降で、半期としては過去最高を記録した。輸出額は138億円(前年同時期比12.4%減)と減少したものの、輸出入合計額は80年上半期の521億円を抜き、525億円と過去最高を記録した。

輸入では、今期は原子力発電の燃料であるウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX燃料)の輸入がなかったものの、関西電力の舞鶴発電所(火力)の2号機が本格稼働し、石炭の輸入が大幅に増加。217億円(同56.7%増)となった。木材も33億円(同16.4%増)となり、制御板などの電気機器も8億円(同9.5倍増)と伸びた。

輸出は、船舶類が81億円(同25.1%減)と低迷。インドネシアに輸出していた加熱・冷却用機器の納入が終了するなど輸出は全体的に減少した。そのため249億円の輸入超過となり、こちらも過去最高を記録した。

---

過去最高を記録したという事で、2年連続で1,000億円の大台突破に期待がかかります。しかしながら他の日本海側港湾の上半期データを見ていても全体的に伸びており、舞鶴港だけが好調という事もなく、喜んでばかりではいけません。港湾競争に勝ち抜くためにも、既存荷主へのフォローとともに今一度、貨物確保のポートセールスの強化が必要となってくると思われます。

そんな中、近年は減少傾向にあった木材輸入や自動車輸出が回復してきており、舞鶴港の強みでもあるバルク貨物の取扱増に期待が膨らみますし、コンテナ貨物の増加にも期待したいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/203-36be20c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。