京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始の特急利用、10%の大幅減 北近畿タンゴ鉄道

毎日新聞(1月8日付)舞鶴支局版

---
KTR特急利用10%減 年末年始

KTR(北近畿タンゴ鉄道)は7日、年末年始(12月25日-1月5日)の利用状況をまとめた。利用者は4万2,456人で、前年同期比95.1%。普通列車の利用者は2万2,096人で0.8%微増したものの、特急利用者が10.4%減の2万360人にとどまった。KTRは「景気低迷による出控えやETC割引の影響が出た」とみている。

特急利用者は帰省客中心の12月31日までが前年比87.2%と低迷。Uターンが中心となる年始期間は92%だった。天橋立駅の入り込み人員(降車客数)は6,263人で、前年比82.5%だった。

---

JR線だけでなく、北近畿タンゴ鉄道も苦戦を強いられたようです。ただ天候不順の中、宮津線(西舞鶴-豊岡)を中心に普通列車では利用者が微増するなど、同社が行ってきた利用促進策が一定の成果も上げていることから、これからの期待したいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/20-cc20db1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。