京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴の会社が引き継ぎ 雇用も維持へ 亀岡・京都食品の養鶏施設 

京都新聞(7月13日付)

---
自己破産の亀岡・京都食品養鶏施設 舞鶴の会社が引き継ぎ 雇用も維持

今年2月、京都地裁に自己破産を申請した亀岡市余部町の養卵卸販売会社「京都食品」関連の2養鶏施設を、舞鶴市長浜の養鶏会社「山元産業」が購入して引き継ぐことが、12日までに分かった。

亀岡市千代川町と西別院町にある両養鶏施設で、破産申請後も京都食品の元従業員約20人が計約20万羽を飼育している。今後は現在の雇用を維持したまま、山元産業の関連会社が運営するという。

山元産業は舞鶴市や京丹波町など府内4ヶ所で計約80万羽を飼育している。京都府養鶏協会の会長も務める山元勉代表取締役は「施設も老朽化しているので、整備するなどして頑張って再建をめざしたい」と話している。

---

養鶏業界は一昨年から飼料費となるトウモロコシ、大豆粕など原料価格の高騰に悲鳴をあげており、また販売競争の激化の中で納入価格の引き下げ圧力も強まっています。この逆境のなかでは規模拡大は必要不可欠であり、生き残りのためにも新たな設備投資などに期待したいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/192-89057709
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。