京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新病棟建設、2.3倍に拡充 介護施設も併設 東舞鶴病院が新築移転へ

毎日新聞(7月7日付)舞鶴支局版

---
東舞鶴病院が新築移転 日本板硝子社宅跡地に

舞鶴市大波下の医療法人医誠会東舞鶴病院(石川雅裕院長)は6日、同病院から南西約400メートルの日本板硝子社宅跡地(同市大波下)に移転、新築すると発表した。新病院は255床で、うち約100床は今後需要が高まる認知症治療に特化する。介護老人保健施設(入所定員150人)も併設する。

新病院は6階建て延べ8,590平方メートル。介護老人保健施設は4階建て延べ5,294平方メートル。敷地面積は1万3,223平方メートルで総工費は約37億円。今年6月に着工しており、来春完成予定。

1964年2月に開設した現病院(延べ3,772平方メートル)が老朽化したためで、現在は精神科が255床あり、外来は精神科、心療内科、内科の3診療科。医師・看護婦など職員数は175人。

介護老人施設を併設することで。厨房や事務部門の集約化を図る。またスタッフの福利厚生の一環として院内保育所を敷地内に建設する。

介護老人保健施設の職員(看護職員20人、介護職員40人など)を今月中旬ごろからハローワーク等で募集する予定。

---

舞鶴共済病院の循環器系の新病棟(50床)の建設に続き、国立舞鶴医療センターも精神科の新病棟(155床)の建設を進めており、京都北部医療圏を考えた上で、病院が得意分野を強化していくという非常に良い傾向が続いています。

ハード面の整備とともに、医師確保というソフト面での整備が今後の課題となりそうです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/189-5155e63c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。