京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞鶴発電所再稼動 原発1基分の供給量上積へ 関西電力

毎日新聞(6月28日付)

---
原発1基分の供給上積み 舞鶴1号機再稼働などで 関西電力

故障で運転停止中の関西電力(本社:大阪市)の舞鶴火力発電所1号機(京都府舞鶴市、出力90万キロワット)が、7月にも運転再開できる見通しとなったことが28日、わかった。民間企業の自家発電の電力買い取り(約11万キロワット)に加え、舞鶴1号機の再稼働で、関電は原発1基分に匹敵する101万キロワットの供給力が上積みできる。関電はさらに大阪ガスから2万~4万キロワットの電力を購入する方向で調整しており、供給力は3,040万キロワット以上となる見通し。計算上は15%の節電を縮小できることになり、関電の対応が注目される。

関電は昨年並みの猛暑を見込み、今夏の電力需要のピークである最大電力を3,138万キロワットと想定しているが、当初発表していた例年並みの暑さの場合、最大電力は3,037万キロワット。舞鶴1号機の再稼働と電力購入で、当初発表の需要は満たす計算となる。

関電によると、舞鶴1号機は故障していたモーターの調達にめどがついた。モーター交換後の試運転で問題がなければ、運転を再開する。

舞鶴1号機の再稼働などで約100万キロワットが上積みされると、需要に対する供給不足の割合は6.4%から3.1%に縮小する。関電が主張する供給予備率5%を加味しても、8.1%の不足にとどまる。関電は「電力不足は続いており、15%の節電要請を変えるつもりはない」としているが、鉄道の間引き運転などが回避される可能性が出てきた。

---

関西電力の節電要請で、西日本への拠点移転を進めていた企業が「西日本もダメなら」と海外へシフトしてしまうのではないかと危惧しておりました。5月の大雨で故障していた舞鶴発電所の再稼動で日本経済に貢献できる事は非常に喜ばしい事ですね。

個人的には休止中の宮津火力発電所の再稼動なども視野に入れるべきかと考えていたのですが、発電設備のほとんどが他の発電所に転用されており、再稼動は難しいかったと聞き及んでおりますし、舞鶴発電所は原子力発電所に匹敵する発電量を誇る大型発電所である事を再認識しました。

原子力発電所の賛否はともかく、安定した電力供給は経済にとって「土台」となるべきものであり、今後とも電力各社には継続した努力を期待したいですね。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 舞鶴情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/188-640906cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。