京都北部経済新聞

京都府北部(舞鶴市、福知山市、京丹後市、綾部市、宮津市、与謝郡)の経済情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成美大学 大学基準満たさず不適合大学に判定 大学基準協会

京都新聞(3月26日付)

---
成美大に不適合判定 第三者評価、京滋初

福知山市が27億円を支出し「公私協力方式」で開学した成美大(旧京都創成大・同市)が、大学評価の第三者機関・大学基準協会(東京都)から基準に満たない「不適合」判定を京都、滋賀の大学で初めて受けたことが25日、分かった。不適合判定は2004年度の評価制度開始から全国で2校受けているが、改善の余地を残すため一度「保留」扱いとなるのが慣例で、直ちに不適合とされた大学は前例がない。

学生確保や教員数、財務状況など評価項目のうち異例の約半数が問題視されたとみられ、大幅な定員割れが続く大学運営の苦境が明らかになった。

大学評価は質の確保を目的に、学校教育法で7年に1度、文部科学省の認証機関から受けるよう定められた。成美大は最終年度にあたる本年度まで評価を受けていなかった。

成美大は京都府北部で唯一の4年制大として市から校舎建設費などの支援を受け2000年春に開学したが、当初から定員割れで、06年度からは私学助成金も受給基準を下回り得られていない。現在の学生数は収容定員420人の4割、09年度は1億6,000万円の赤字を計上している。

不適合判定を受けても行政処分などは科されない。成美大では昨年末に宮津、京丹後両市長が加わる改革提言委員会が周辺自治体も学生募集などに協力する再生提言を公表。4月から新学長を迎えて改革を目指している。

運営する成美学園の西垣寛人理事長は「正式発表の後で説明したい」、理事でもある蘆田昭・福知山市副市長は「厳しい状況は分かっている。改善に最大の努力が必要だ」と話した。

---

成美大の他に不適合大学と判定された宇都宮共和大学(栃木県宇都宮市)でも2005年に大学基準に満たないと「保留」判定され、その2年後に尚も改善が見られないとして「不適合」認定された経緯があり、直ちに「不適合」とされた成美大学の前途には大きな暗雲が漂っているとしか言いようがありません。

抜本的な改革が必要な事は間違いありませんが、廃校をも含めた検討が必要となってくるのではないでしょうか。

人気ブログランキングへにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 福知山情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

成美大は福知山市のタダのお荷物。わかさ生活社長が理事長の時にもそうだったが、即刻廃校にすべきだ。公金の無駄遣い。北近畿唯一だとか福知山市は変な意地を張るな。

  • 2011/03/26(土) 11:42:14 |
  • URL |
  • 桃山 #-
  • [ 編集 ]

福知山の妙な見栄のせいで、成美大学だけでなく、系列高の経営も苦しくなっていると聞きます。今すぐに廃校にするべきではないかと考えます。

正直、地元でもこの大学だけには行きたいくないという意見ばかりです。存在意義すら問われそうな大学だと思います。

  • 2011/03/26(土) 13:28:53 |
  • URL |
  • ルーラパス #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kyotonorteconomy.blog109.fc2.com/tb.php/164-e3d2b30c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。